わかっているんですけどね

ついつい崩れ勝ちな生活リズムと、やっちゃいがちなのが暴飲暴食ですよね。

あんまり良くないって、わかっているんですけどね。

夜更かししがちな原因は、昼間の時間が十分に充実していないと感じているからと、どこかの誰かが言っていたけれど、なるほどわかるような気がします。

もう1日が終わってしまう、あれもやらなきゃこれもやらなきゃという感じで、ついつい夜が遅くなってしまうことってあります。

あとは趣味をやり足りなくて、眠るのが遅くなってしまうこともありますね。

例えば今日観ようと思っていたDVDがまだほとんど観れてなかったり、予定通りは観ていたとしても、もっと続きが観たくて…それで夜更かししてしまうというパターンです。

これは結構、身に覚えがある人って多いんじゃないでしょうかね。

少なくとも私の場合は、残念なくらいに身に覚えがあり過ぎますよ。

とまあ、こんな感じで振り返ると、昼間の時間に充実感をしっかり得てないから、夜更かししがちっていうのは合っているように思うのです。

じゃあどうするかっていう話になるんですけど、ここがなぁっていう感じです。

いや昼間のうちにもっとチャキチャキとやれば良いのはわかるんですけど、これを改善するっていうのが、なかなか難しいことだなぁって思います。

もう1つのよくある対処法としては、夜の時点で充実感が足りてなかったとしても、早寝して早起きすれば良いというものです。

しかし、早朝にそれをやれると自分に言い聞かせる、タイプの違いがあると思うんです。

私の場合、これもイマイチなんですよね。

なので、スマホ検索してて見つけた、viageナイトブラを付けてみようと思っています。

viageナイトブラの口コミには、ナイトブラを付けて寝た方が熟睡できるって書いてありました。

私は今まで、寝る時は外す派だったんですが、やっぱり付けてるとバストの形も崩れないし、バストの重みで肩こりになったりもしないそうです。

それで、早速注文しちゃいました!

 

 

さらに効果がアップします

肌にできたシミは、それだけで見た目年齢をグッとあげてしまいますよね。

シミの正体は、肌の細胞の内で造り出されたメラニン色素が、表面から剥がれることなく蓄積されたものです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミの軽減が期待できるのですが、ピーリングによって古い角質を落とせば、さらに効果がアップします。

ただし、過度なピーリングは、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるので、注意してください。

それと毛穴、特に鼻の毛穴に目立つ角栓があると、とても気になってくるものです。

とは言っても、洗顔の時に無理やり取り除こうとすると、逆に肌を傷つけるので、あまりお勧めできません。

そんな場合でも、ピーリング石鹸などを用いて、角栓をじっくりと取り除くといいと言われています。

ただし、連続して使い続けるのは良くないので、週に一度から二度の使用にしておいてください。

元々、ニキビができる原因は、毛穴に汚れが蓄積され、炎症になってしまうことです。

そのため、汚れた顔に手で直接触れる癖がある人は、すぐにやめましょう。

手には汚れがたくさん付着していて、その手を顔に触れているということは、汚れを顔に塗りたくっているのと同様なのです。

そこで、スキンケアで1番大事にしたいのは、日々の正しい洗顔が鍵となります。

間違った洗顔では、お肌を傷つける原因となり、保水力を保てなくなる原因を引き起こしてしまいます。

なので、力任せにせず優しく洗う、しっかりとすすぐ、以上のことに注意して顔を洗いましょう。

ちなみに、シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は、美肌効果のあるローズヒップティーです。

ローズヒップティーは、レモンの何十個分ともいわれるビタミンCが摂取できる飲み物で、内側からメラニン色素ができないようにしてくれます。

また、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するので、シミ、そばかすを抑え、透明感ある理想の肌へと導いてくれます。

さらに、体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、アンチエイジングにも有効です。

肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線もシミを作る原因の一つですが、時には病気がきっかけとなる場合もあります。

たとえば、急にシミが増えた気がするのなら、疾患が起こる前触れであったり、すでに病気になっている可能性もあります。

なので、なるべく早めにクリニックに行って、その現状を伝えてください。

もちろん、爪水虫なども肌の異常の一つですから、早めにクリニックに行くか、爪水虫の塗り薬の効果を試してみてください。

 

 

体臭が気になる女性の肌荒れ

体臭が気になる女性の肌荒れなどのトラブルは、いつ起こるのか予測できませんよね。

日頃から、きちんと肌の手入れや口臭ケアを行っていても、いろんなことが原因となって肌が荒れてしまいます。

それなら、肌荒れが起き立ときのスキンケアは、どうすれば正解なのでしょうか?

肌が荒れた場合には、一切化粧品を使わないようにする方もいますが、保湿対策だけは普段よりもしっかりとする事が大事です。

化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、だいたいの人は肌がボロボロになることをイメージすると思います。

しかし、実際はまったく逆で、意外に肌は綺麗になります。

もっとも、化粧品を使用することは肌への負担が強いので、それを除去してワセリンのみを塗るのが1番良いスキンケアだと言えます。

私自身が乾燥タイプの肌質なので、しっかりと保湿を行うために化粧水にはこだわりを持っています。

今はとろみのある化粧水を使用しているので、洗顔を行った後、化粧水一つで過ごせるほど潤って、とっても気に入っております。

体臭が気になる女性は、化粧水はあまりケチらず贅沢につけるのがコツだと思います。

ちなみに近年では、オールインワン化粧品がすっかり生活に馴染みました。

その中でもエイジングケアのオールインワン化粧品に関しましては、各化粧品メーカーとも惜しみない力を注いでいるようです。

オールインワン化粧品の配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどといわれる保湿と結びつくものが主です。

ですが、アスタキサンチンが目を引いていることもあって、赤い色の若返り化粧品が増え続けています。

また、敏感肌の人はとても傷つきやすいので、洗顔方法を誤ってしまうと、肌を痛める可能性があります。

お化粧を落とす時、顔をこすってしまいがちですが、お肌の弱い人は、顔をごしごし洗うと、特に肌のトラブルを起こしてしまいがちです。

体臭が気になる女性は、適切な洗顔方法と口臭対策を行ってデリケートなお肌と付き合っていきましょう。

 

 

甘酒を自分で作ってみた

最近では、麹の甘酒がブームになっていますよね。

初めて飲んだ時は、あのブツブツ感が苦手だったし、発酵しているのか、痛んでいるのかわからないような感じです。

そして最後は、微妙な酸味が出てきたりして、飲んでも大丈夫かなと心配になっていました。

だから、酒粕の甘酒の方がずっと好きでした。

でも、ある日「夜ばなし茶会」と呼ばれる夜のお茶会に招かれていった時に、振舞って頂いた甘酒がとても美味しくて感動しました。

お米はもち米を使っていたので、ブツブツ感が無く、つるっと喉を通る感じがしました。

それに砂糖の入った飲み物とは違う、優しい甘さがありました。

その時から、もう何度も甘酒を作っています。

昨日も飲みたくなったので、夜のうちにもち米を仕掛けて、朝に炊き、それに麹を入れて発酵させます。

5時間ぐらい置いて、60度のお湯を入れ、また発酵し、すべて炊飯器を使って作ります。

混ぜるだけでいいから、とても簡単です。

夕方、スペイン語教室から帰ってきたら、甘くてとっても美味しい甘酒が出来上がっていました。

朝から何も食べていなかったから、本当に美味しかったです。

いつも、少しだけもち玄米を入れます。

健康のため。でも、入れすぎると、皮の部分がゴワゴワして飲みにくいので、ほんの少しだけ入れます。

面倒くさいことをよくやるよね、と言う人がいます。

美味しいものが出来るのに、面倒くさいはずないでしょう、と心の中で言います。

私は、こうやって健康と美容を買っているんだよ。

体臭が臭い人なのでジムにも行かないし、サプリも飲まずにねって、言いたいな。

 

 

フリクションボールペンを愛用中

最近人気なのが、フリクションボールペンという「消せるボールペン」です。

「消せる」ということは「消える」ということですから、正式な書類などには使用できません。

でも、何日か経つと自然と消えてしまうというものではないので、普段使いの中で「間違えたら消せる」というのは、やはり便利ですね。

私は、スケジュール帳への記入にフリクションボールペンを使っていますが、うっかり間違えたときも、消して書き直しができるので助かっています。

小さい枠の中で、二重線や矢印で修正すると、なんだか見た目がきれいでなくなるのが嫌だったのです。

でも、フリクションボールペンを使うようになってからは、そのようなこともないので嬉しいです。

また、贈り物にちょっとしたメッセージを添えるときにも、私は使っています。

人に贈るものに、修正跡は残したくありませんからね。

せっかくきれいなカードを用意したのに、書き損じてしまったりすると、ちょっとショックでしたが、今は消して修正できるのは助かります。

でも、気を付けなくてはならないことは、消しゴムと同じで、消す部分が汚れていると消した部分に汚れがついてしまいます。

そのため、ときどき不用な紙の上などでこすって、きれいに保つように心掛けています。

今は三色使っていますが、色も線の太さもたくさん種類があるので、もっといろいろ試してみたいと思っています。

できることなら「書いてすぐは消せるけれど、しばらくたったら消せなくなる」というような商品も出るといいな~と思います。

履歴書などは、ちょっとうっかりで書き直しをしなくてはならず、1枚仕上げるのに5枚くらい使ってしまったことがあります。

その点では、藍の青汁の飲み方みたいに失敗がないので、重宝しています。

 

 

納豆を使ったメニューに初トライ!

昨日の夕食にずっと気になってはいたものの、やや抵抗もあって作っていなかったメニューを作ってみました。

どんなメニューかというと、「油揚げの袋焼き(キムチ、納豆、チーズ)」です。

他の中身での袋焼きは結構やるんですけど、どうも納豆を使ったメニューには抵抗があります。

でも、納豆自体は好きなので、納豆ご飯はよく食べますよ。

今回の油揚げの袋焼きは、義母が「美味しい!」と言っていたし、レシピの掲載も多いメニューなので、ずっと気になっていました。

なので、思い切って試しに作ってみることしました。

作り方は材料を混ぜて、油揚げに入れて、トースターで焼くだけなので楽ちんです。

トースターで1品出来ると、その間に他の調理が出来るので嬉しいですよね。

食べてみた感想はというと、私にとっては「可もなく不可もなく」という感じでした。

夫も同意見のようで、ごま油で風味を付けて、タレの他にも醤油等でもう少し味を付けたら良かったかなとも思います。

また気が向いたら、作ってみようと思います!

納豆を使ったメニューは他にも色々ありますが、レシピを閲覧した中で気になっているのは、グラタン、ばくだん、かき揚げです。

でも、我が家には向かないかなとも思ったり、納豆は安価な食材なのでレパートリーを増やしたいところでもあるんですよね。

大豆だし発酵食品なので体にも良いですしね。

夫はどちらかと言うと「気になっているなら試しに作ってみたら?」というタイプなので、我が家に合うメニューに出会うまで付き合ってもらおうと思います。

ただし、納豆は口臭が気になるので、口臭い女性だと言われないように注意しようと思っています。

 

 

家事や育児との両立になる就職祝いの夜

昨日の夜は、幸せを満喫した夜でした。

一昨日、就職がようやく決定し、お祝いに夫がチューハイとケーキを買って来てくれたのです。

しかも、ケーキはコージーコーナーの「贅沢紅ほっぺのショートケーキ」でした。

いつか食べたいと思っていたのですが、500円以上するので自分では中々買えないでいました。

なので、夫が内緒で買って来てくれてとても嬉しかったです。

就職が決まるまでは、本当に苦難の道でした。

まず、子供の保育園探しが大変でしたし、保育園が決まってからも職探しは困難を極めました。

「せっかく保育園が決まっても、仕事が見つからないまま4月になってしまうかもしれない…」と不安ばかりの毎日でした。

それが偶然にも昔働いていた知り合いの職場で求人があり、面接を受けたところ、無事に採用されたのです。

家からも遠くなく、本当にラッキーでしたから、面接後はルンルン気分で帰宅しました。

夫や母に連絡をすると、とても喜んでもらえました。

そんな大変だった数か月を振り返りながら、昨夜はケーキを味わいました。

生クリームがたっぷりでとても美味しかったし、久しぶりに飲むチューハイも体にしみました。

私は本搾りのオレンジ味のチューハイが好きなのですが、夫がそれを忘れずに買って来てくれたことも嬉しいことでした。

今後働くとなると、家事や育児と仕事の両立なので、想像以上に過酷な日々だと思います。

しかし、自分が働きたいと言って保育園と仕事を見つけてきたのですから、やれるだけやってみようと心に誓いました。

ちなみに、私は今も葉酸サプリを飲んでますが、毎日が疲れにくい体になってきた感じがしています。

最初は、ママニック葉酸サプリは効果なしだと思っていたのが、予想以上に元気いっぱい動けるので驚いています。

 

 

コンプレックスに投資するのは難しいが便秘は解消しました!

三つ歳の離れた姉が、ポツリと言うことには「小学生の時に、視力が良くなる講座を受けたんだけど」そういえば、そんなことがありました。

視力の弱い姉を心配して、親がそのような講座を探してきたのです。

目のトレーニングのための、何やら大層な器械を購入しました。

それで姉は、テープの音声に従って、毎日レッスンしていましたが、多少は良かったかもしれません。

でも、やっぱり「商売」だった、という感が否めません。

私はどうかと言えば、視力に関しては老眼になるまでは大丈夫そうです。

けれども、家族の中で一番身長が低いのです。

そのため小学生のときに親が心配して「背が伸びる講座」を受講させましたが、それが今となっては、可笑しいような、悲しいような思い出となっています。

また、ヨガをして栄養のある物を食べていれば身長が伸びる、との教えを信じて、真面目に取り組みました。

当然、体には良いことばかりで、健康になりましたが、身長はなるべき身長になっただけで、それは無理もないことです。

もしも講座の教え通りなら、裕福でグルメなインド人は皆、ずば抜けた高身長の人ばかりになっている筈です。

そんなコンプレックスにつけ込んだ、「商売」に腹が立たないでもありませんが、「夢」を買ったという部分もあって、本当には恨まないから不思議です。

今でも化粧品とか、コンプレックスに投資したい誘惑があります。

でも、投資してみたら、どれも今一つで上手くいきません。

コンプレックスに投資するのって、本当に難しいですよね。

ちなみに、私は便秘気味なのですが、先日初めにネットで購入した藍の快調サポートは効果がありました。

あまりこういったサプリは信じない性格なのですが、どうしても便秘気味が直らないし、だからと言ってお薬に頼ってばかりではいけないと思ってたんです。

それが、意外にも効果が覿面で、今ではほとんど毎日お通じがあるようになりましたよ。

 

 

保育園の待機児童の問題で実態は違うの?

よくニュースで目にするのが、待機児童の問題ですね。

先日も激戦区と呼ばれる地域では、3人に1人が入れなかったという報道がありました。

この情報だけ聞いていると、預け先がないのは大変だと同情したくなります。

でも、触れていない部分があると、子持ちの親戚の話でわかりました。

よく報道で出てくる待機児童の数ですが、あくまで認可保育園のもので、認可外に預けて働いている人もいるということです。

保育料金の関係から、認可外に預けながらも空いた時に移れるように認可の入所申請をしている人も一定数いて、その子供達も数字を上げる原因だそうです。

親戚は子供は、赤ちゃんの時に保育園を申請してダメでした。

その時に、役所でどのくらい待機児童がいるのか説明をしてもらったら、1000人程いたそうです。

保育園ごとに申請されている数を一覧にしたものだそうですが、多くは第一候補から第三候補まで挙げて申請をしています。

単純に考えると、一人を保育園にいれるため3箇所の保育園に入所希望を出した場合、それぞれの保育園で待機児童が1人増え、全体で見ると3人増えたように見えてしまいます。

混乱してしまいそうですが、実際の待機児童は発表されている人数の半数以下だろうというのです。

それが、実際に保育園に希望を出したことのある親戚の話でした。

最近は、幼稚園でも預かり保育をしている園が増えています。

なので、本当にどこにも預けられずに仕事ができない困っている人は、報道の1割ぐらいに留まるのではないかという考えだそうです。

しかし、その1割の人が騒いでいるとしても、ここまで報道で大きく取り上げられるのは他にも問題があることを暗に示しているのかもしれませんね。

もっとも、親は大変で加齢臭対策のサプリメントを飲みながら、保育園や幼稚園を探しているのかも知れません。

 

 

映画「仄暗い水の底から」観賞してみた感想

なんだか、ホラーと言ったら夏の風物詩ですが、無性にホラー映画が見たくなってしまって昔から有名なジャパニーズホラー映画をあさってみました。

昨日みたのは「仄暗い水の底から」です。

これは、言わずと知れた名作、ジャパニーズホラーの中でも有名どころですよね。

大まかなあらすじですが離婚調停中であり、娘の郁子の親権を元旦那と争っている淑美は生活を立て直そうと、娘と一緒に新しいマンションに引っ越します。

しかし、そこは雨漏りが酷く水道水が不味い、上階の子供の足音がよく響くなど不具合が多く、不穏な気配を感じ始めるところから始まります。

ある日、赤いバックを屋上で見つけたのを機に娘が姿の見えない少女と話すような奇行を行うところから恐怖が加速していきます。
この作品、自分が小学生にあがりたての頃に母親とDVDを借りて見ていた記憶がどこかあったので、もう一度見直そうと手に取った作品でしたが、改めてみると怖いですね(笑)

水とコンクリート、錆びた貯水槽などのじめじめした湿気と土の香りを感じるような、まとわりつくような嫌な恐怖感が本当に良く出ていました。

最終的には、悲しい結末で終わってしまうこの作品です。

ですが、母親の愛情もまた感じることのできる、ただの恐怖だけではないホラーというのがとても良いと感じました。

もともとは小説、鈴木光司のホラー短編集のうちの1編「浮遊する水」が映画化されたものですが、この映画をみるとこの小説も読みたくなってきますよね。